セルフビルドで家を建てる

木こりの夫婦、セルフビルドやります 第二夜「運命のワークショップ」

夫・ばたです。

48歳を目前にして、重い腰をあげてはじめたブログ。前回がセルフビルドにめざめたきっかけなら、今回は「素人でもほんまにできるかも!?」と思わせてくれたワークショップについてお話しようと思います。興味のある方はもちろん、ピンとこない方もどうぞお付き合いください。

前代未聞のワークショップと、運命の出会い

人生を大きく変えた「いえづくり教習所」

~2015年のこと~

「二十歳になったら 家をつくろう」

SNSのタイムライン上を流してた僕の眼は、飛び込んできたその言葉に釘付けになった。

「大人になったら自動車教習所に通ってクルマに乗るように、二十歳になったら『いえづくり教習所』に通って、家をつくれるようになればおもしろいよね!」との着想から、高知市に事務所を構える一級建築士が「所長」となり、一般から参加者を募ってワークショップを開催するという内容だった。

「自分で伐った木で、家を建てるぞ!」と決心したのはいいものの、冷静に考えてみると、自分の建築に関する知識が皆無と言ってもよいレベルであることにはたと気付き、はっきり言ってすっかり途方に暮れていた…。なにかを始めなければ、なにも進まないことだけは分かっていても、なにから手を付けるべきなのかも判断がつかず、結局なにも手につかない…。

そんなタイミングでめぐりあったこのワークショップの知らせに、「自分の現状を打破するのはコレや!」と、それはもう反射的に参加を即決したのだった。

しかし、その投稿をよく見てみると「予告」とあり、募集はもうちょっと先の事になるとのこと。その後しばらくは、パソコンを開いては、まだかまだかと正式リリースを待ち焦がれる日々を過ごすことになる…。

ついに!参加者募集開始!

ホームページ上に「募集開始」のテキストを発見するやいなや、「ちょいと遅かったね。定員に達したので、また来年よろしく~」…なんてことになったら、その後の一年をどう過ごせばいいものか、それこそ途方に暮れることになる恐れがあるので、受講料などの詳細を確認するのももどかしく、即、申し込みをした。のちに所長から聞いた話では、なんと「参加申し込み第1号」だったそうだ。

申し込みを済ませてから一息つき、「いえづくり教習所」なるものの全貌をつかむべく、じっくりとチェックしてみた。

法規を含めた、建築の基本の基本を勉強する「座学」と、在来軸組工法で家を建てるため、「継手」や「仕口」と呼ばれる、木材を組み上げて家を建てるための加工法を練習をする「実技」を中心に、合宿免許のごとく泊まり込みで一か月間かけてみっちり学べるという、なんともワクワクの止まらない内容となっており、自分のなかで期待が確信へとブワァーッと変わっていくのを感じた。受講に必要だと案内された道具を早々に買い揃え、「いえづくり教習所」の開催を、またも待ち焦がれたのだった…。

そして、ようやく迎えた「いえづくり教習所」初日…。

長期滞在のため着替えや作業着などで、ぱんぱんに膨れたバックパックを背負い、サイドバックに大工道具を詰め込んだバイクを走らせ、一路集合場所へと向かった。

「ヘンタイ」たちの集い

座学を学ぶ会場であり、宿泊所にもなる「ぶんたんハウス」は、高知県東部の海辺の集落にあった。

そしてそこには、北は北海道から南は地元・高知、年齢も20代から60代と幅広い構成の男12名・女5名の面々が続々と集結して来ていた。みな、まる一ヵ月という長期間仕事を休み、安くはない金額の講習料を支払い参加しているのだ。自分のことはさて置き、「大の大人」には、なかなかできることではない…。そんなことを考えていると、各々のいろんな障壁を突破して集まった参加者の面々に俄然興味が湧いてきたのだった。

【今日の格言】
「前例のないユニークなイベントの『初回』に食いつくのは、ユニークな『ヘンタイ』たち。自らのアンテナに引っかかるイベントの『初回』には、迷わず行くべし」

これは、いえづくりに限らない、今回の大きな学びだった。ワークショップの内容はもちろん、そんな仲間と一緒に学ぶことががおもしろくない訳がない。

そんな個性豊かな「ヘンタイ」のうちの一人に、カナダに長期滞在中「いえづくり教習所」の情報をネットでつかみ、ニワトリ小屋をDIYするスキルを身に着けるべく、このワークショップに参加するため、急遽帰国したという女性がいた。

のちに妻となる、セイカとの出逢いである。

語りつくすことなんてできっこない、濃密なひと月

セイカとの出逢いがあったとはいえ、「いえづくり教習所」期間中は、いたってマジメ。

班分けされたグループでリーダーを務め、毎日まいにち脳ミソと身体をフル回転させ、来たるマイホーム・セルフビルドに役立つすべてのことを、貪欲に全力で吸収した。

所長も、サポートも、参加者も、みなさんユニークで魅力的で、刺激を受けまくりの日々…

そして、週末には一転して、所長の段取りで美味しいBBQを味わったり、高知名物・本場「よさこい祭り」を見学しに行ったり、近所で上がった花火大会を観に行ったり…、細かな想い出を書き始めると、「コレ、なんのハナシやった??」となってしまいそうなので

(バッサリと中略)

・・・めちゃめちゃ楽しく、濃密な時間を過ごすことができた1か月は、ほんまに「あっ」という間に容赦なく過ぎ去っていき、そんな中、セルフビルドへの確かな手ごたえを掴むことができた僕は、ともに学び、全力で楽しんだ仲間たちともしばしのお別れをして、帰路についたのだった…。

濃密な時間をともにした「いえづくり教習所」第一期生と所長&サポートメンバー

所長の大いなる野望(と、ハマっちゃったひとたち)

「いえづくり教習所」の表立った目的として、

・自分で家を建てることによる自立を促す

・災害時にも役立つスキルを身に着ける

・大工としての就業支援

などなどがあったわけだが、実は「裏の目的」が存在していたのだ。

所長の思惑としては、単なる建物としての「いえ」だけではなく、長期間ともに学び、一緒に作業をする中で、参加者同士がカップルに、あわよくば家族となり、大きな意味での「いえ」をつくって欲しいというもので、なんと「少子化問題」も視野に入れていたものだったのである。

かく言うわが家は、この機会がなければ、100%間違いなく一生接点のなかったであろうセイカと結婚して、子どもも2人加わり立派な「いえ」が出来た。

まんまと所長の手のひらの中で踊っていることにはなるが、この「いえづくり教習所」への参加は、人生を変えた本当に大きな転機であったといえる。

所長、なにからなにまで本当にありがとうございました!

…そして、もう一人。

この場を借りてお礼を言いたい人がいる。それは、かのインフルエンサー・イケハヤさんなのである。

関係ないように感じると思うが、所長が「いえづくり教習所」の開催を思いついて相談したとき、背中を押したのはまぎれもなくイケハヤさん、その人であったとのこと。イケハヤさん、おもしろがってくれて本当にありがとう!

と、そんな経験を通じて、いま思うこと。

今回、マイホーム・セルフビルドをやりきる中で、「自分も、そんな『きっかけ』をつくれるような事をしたいなぁ。」とも考えている。

わが家のセルフビルドは、家の柱や壁、床になってもらう木を伐って、製材して天日で乾燥をする「天然乾燥」中というところで、まだ始まってもいない。

所長曰く、「家を建てるうえでは、三回建てて、初めて自分にとって必要なことがわかる」とのこと。

まずは「初回」。

一家総出で、おおいに楽しむぞー!